子供の家への手紙

推定読書時間 6 議事録

拝啓 児童養護施設,

あなたはレンガとモルタル以上の存在だった。あなたの壁は私たちの笑いに共鳴し、私の秘密をささやき、すべての涙を包み込んだ。太陽の光が差し込む窓辺で過ごす朝は、夢見心地のひとときだった。いつも日曜日の香りが漂うキッチンは、家族団らんの中心だった。私の寝室は、夢の領域であり、私の秘密の聖域だった。屋根裏部屋は埃にまみれた宝物で、果てしない冒険の火種となった。庭には、咲き誇る花々と瑞々しい草の香りが今も残っている。あなたの隅々まで、私の成長とアイデンティティを包み込んでくれた。まだ分かち合いたいことがたくさんある......。

子供の頃の故郷への手紙:手紙1

親愛なる古巣へ

きしむ廊下を再び歩くと、隅々からささやくような思い出の洪水に圧倒される。まるで壁が、笑いあり、涙あり、その間にあるすべての物語を語っているかのようだ。リビングルームで過ごした午後、暖炉を囲んで語り合い、夢を語り合ったことを覚えているだろうか。その時間は永遠に続くように思えた。

どの部屋にも私の心の一部が詰まっている。日曜日の夕食の温かな香りが漂うキッチンは、数え切れないほどの家族団らんの舞台だった。毎朝太陽の光が差し込む窓際のテーブルは、座って人生の微妙なニュアンスを考えるお気に入りの場所だった。

2階の部屋は夢と秘密の聖域だった。擦り切れたカーペットと色あせた壁紙の私の部屋は、安全で無限を感じる場所だった。屋根裏部屋は、埃まみれの宝物や忘れ去られたおもちゃでいっぱいで、私の果てしない想像力をかきたてる世界だった。

今、あなたの中を歩いていると、かつての自分と今の自分を思い出す。あなたは単なる壁や屋根ではなく、私の一部なのだ。

愛情を込めて、

[あなたの名前]

子供時代の故郷への手紙:手紙2

親愛なる子供の家へ

静かな内省のひととき、私は、私の愛すべき子供時代の家であるあなたが、かつて部屋に満ちていたささやかな喜びや終わりのない笑いを今でも覚えているのだろうかと思わずにはいられない。廊下を駆け抜け、当時はとても重要だと思われたゲームに興じた私たちの足音を覚えているだろうか。私たちの最初の不確かな一歩から、思春期の自信に満ちた歩みまで、あなたの壁は私たちの成長を見届けた。

我が家の中心であるキッチンは、温かく快適な場所だった。私たちが食卓を囲み、食事と物語を分かち合い、毎日が思い出の織物を紡ぐ場所だった。焼きたてのビスケットの香りが漂い、シンプルな時代と抑えきれない幸福を思い出させてくれた。

中庭は私たちの領域であり、空想が飛び交い、冒険が繰り広げられた。木に登り、要塞を築き、水平線に沈む夕日を眺めながらホタルを追いかけた。思い出のトランクの中の貴重な宝石だった。

何千キロも何年も離れた今でも、目を閉じればあの頃に戻れる。子供の頃の故郷であるあなたは、私の過去を静かに守ってくれる神社のような存在だ。

愛と郷愁をこめて、

[あなたの名前]

子供の頃の故郷への手紙:手紙3

拝啓 オールド・ネスト,

時々、深夜に 古い記憶のささやき を思い出す。 数多くの夢 私はあなたの壁の中で夢を見た。あなたは単なる レンガと石灰あなたは 想像のキャンバス私の心が自由に歩き回り、あなたの世界を超えた世界を創造することができた最初の場所。 物理的境界.

ベッドで天井を見つめ、想像していた夜を覚えている。 遥かなる冒険 あなたの四隅あなたの 床鳴り そして ラジエーターの微かな音 私の夢のサウンドトラックだった。きしむ音やうなり声にはそれぞれ物語があり、それはあなたと私だけが理解できる物語だった。

朝、太陽の光が窓から差し込み、部屋中に遊び心のある影を落としていた。それらは 光線 彼らは何気ない瞬間を魔法に変え、私たちの家を、説明ではなく感じることしかできない温もりで満たしてくれた。あなたの壁は 笑い声, i 涙の囁き 困難な瞬間の、そのつぶやき 寝物語 両親がそっとささやいた。

あなたは私の最初の一歩、最初の言葉、最初の愛の痛みを目撃した。各コーナーには、私の物語の断片があり、私がどうなったかの断片がある。中庭には ワイルドガーデン 私の王国だった。私は木刀と紙の王冠で統治し、あなたの安全な腕の中なら何でも可能だと信じていた。

使い慣れた匂いと食器のカチャカチャという音がするキッチンは、私たち家族が集まり、いつも絆を深める食事や話を共有する場所だった。リビングルームは、使い古されたソファとテレビの薄明かりがあり、のんびりとした日曜日の午後の私たちの隠れ家だった。

あなたの庇護の中で、私は慰めとインスピレーションを得た。あなたは私の最初の家であり、私の セーフハーバー.人生に圧倒されそうになったとき、あなたは揺るぎない存在であり続け、シンプルな時代と無条件の愛を常に思い出させてくれた。

未来を見据えて、私はあなたが与えてくれた教訓と思い出を胸に抱いている。迷ったり、不安になったりしたときは、目を閉じて、あなたの壁の中にいる自分を想像すると、心が安らぎます。単なる家ではなく、私の家であることに感謝します。

すべての愛と感謝を込めて、

[あなたの名前]

子供の頃の故郷への手紙:手紙4

拝啓 児童養護施設,

あなたのもとに戻るたびに、私は深い感覚を覚える。 郷愁 まるで時が止まったかのように、私を包み込む。 貴重な瞬間. 部屋を歩くほとんど感じることができる 笑い声, 囁きの共有 毛布の下と 早足 かつて廊下を埋め尽くしていたものだ。 すべてのコーナーに思い出がある何年経っても鮮明に残る、私の過去の断片。

覚えているかい? 冬の夜 私たちが暖炉のそばに集まり、物語や夢を分かち合っていた場所。暖かさは、暖炉の火からだけでなく、あなたの壁に浸透していた愛からもたらされていた。今でも目を閉じると、まるで私が成長し進化するのを見てきた生き物のように、あなたの抱擁の心地よさを感じることができる。

私が数え切れないほどの午後を遊びと発見に費やした外の庭は、咲き誇る花々と刈りたての草の香りを今も残している。それは今でも 無垢の聖域 そして喜び、よりシンプルな時代への証。あなたの窓は、何度も季節が変わっても、私の子供時代の世界への入り口であることに変わりはない。訪れるたびに、私の魂の一部と真摯に出会っている。

を思い出してほしい。 お父さんが建てたツリーハウス?それは私たちの秘密の要塞であり、私の イマジネーションは自由だった.私が七つの海を航海する海賊であろうと、城を守る勇敢な騎士であろうと、あのツリーハウスは自分だけの世界だった。その ギシギシいう木の階段 そして上空からの眺めは、相変わらず鮮明に私の脳裏に残っている。

そして、キッチンを忘れることはできない。 我が家の中心?お母さんの料理の香り、カチャカチャという食器の音、そして アニメーション会話 その部屋に満ちていた。ここで私たちは勝利を祝い、悲しみの時には互いを慰め、家族の伝統で時の流れを刻んだ。レシピのひとつひとつ、食事のひとつひとつが、私たちの人生の一本の糸となり、私たちの絆を深めていった。

見慣れた廊下を歩きながら、私はあなたがどれほど私を形成してくれたかを思い出す。あなたは木とレンガの建造物以上のものである。 私の道の証人.あなたの壁は、私の喜びや悲しみ、成功や失敗を見てきた。

将来を見据えて、私はあなたの温かさと愛のエッセンスを私の家に持ち込みたいと願っています。あなたの壁の中で学んだ教訓は、永遠に私を導いてくれるでしょう。そして、あなたが与えてくれたのと同じように、愛と安らぎに満ちた空間を創造するよう努力します。

私の思い出の背景であり、私の物語が始まった場所であることに感謝する。私はいつまでもあなたのことを心の中に置いておくわ。

愛を込めて、

[あなたの名前]

子供の頃の故郷への手紙:手紙5

拝啓 児童養護施設,

この5通目の手紙を書きながら、私はこの訪問のたびに、ある女性との出会いのように感じている。 旧友 長い間失われていた、温もりと暗黙の了解に満ちたもの。あなたの 床鳴り 私とあなたの青春の物語をささやく 日当たりの良い窓 夢の中で過ごした数え切れないほどの朝の輝きが、今も残っている。その 笑い声 外の世界は広大で神秘的だったが、あなたたちはいつも安全な避難所だった。

午後、私が中庭に逃げ込み、瞑想にふけっていたのを覚えているだろうか。 信じることの冒険?あなたの強い壁が私の背景だった より広い空想私が展開するあらゆるファンタジーを支えている。その 老樫の木そして庭の小道は、未踏の地へと続く秘密の小道だった。それぞれの部屋には 薫り誕生日パーティー、家族との夕食、本と寄り添う静かな夜......。

人生に翻弄され、さまざまな方向へ向かおうとしている今でも、あなたは私の心のよりどころであり、安らぎを与えてくれる存在であり続けている。あなたの存在は心強く、私がどこから来たのか、そしてあなたのもとで始まった夢を思い出させてくれる。私はキッチンを思い出す。 焼きたてビスケット それは、母と過ごした数え切れないほどの午後のパン作りを物語っている。そして、私たちが家族として集まり、物語と笑いを分かち合ったリビングルームは、今でも私の記憶に刻まれている。

親愛なる我が家よ、私の思い出を優しく守ってくれてありがとう。あなたは単なるレンガとモルタルの構造体ではありません。 過去の守護者その 私の現在の基盤 そして未来へのインスピレーション.家族の大切さ、シンプルな喜び、そして夢を追い求める強さ。

訪問するたびに、人生がどこに行こうとも、あなたはいつも私のものだということを思い出す。 安全な避難所私の聖域です。いつか子供たちを連れてあなたに会いに行き、あなたが私に与えてくれた魔法と愛を体験させることを楽しみにしています。

すべての愛と感謝を込めて、

[あなたの名前]

アウレリア・プラトーニ

自己啓発と人間関係の専門家:ナルシシズムから接触禁止まで、彼女は常にどう行動すべきかを心得ている。

ゲスト
0 コメント
インライン・フィードバック
すべてのコメントを表示する